産科

お産の特徴 分娩予約 費用 面会 産科病棟見学

 

 

当院のお産の特徴

満足のいく分娩

妊娠中にご記入いただいたバースプランをもとに、ご希望に添えるよう産科スタッフで検討し対応させていただきます。

ご主人様と上のお子様の立ち会い出産が可能です。帝王切開は対応しておりません。
経腟分娩の場合のみ早期母子接触(カンガルーケア)対応可能です。ご希望の方はご相談ください。

 

リラックスした分娩:お母さんを癒す心のこもったサービス

陣痛期をより快適に、リラックスして分娩に望めるようアロマセラピー芳香、CDでの音楽鑑賞、アクティブチェアー・各種クッションなどのご使用が可能です。さらにLDRには多彩照明システムを完備していますのでお好みの色照明で過ごすことができます。

また、産後のアロマオイルトリートメントやヘアケアサービス、当院専属の管理栄養士による美味しく、栄養バランスの整ったお食事で産後の入院生活をより快適にお過ごしいただけます

 

充実したスタッフ体制

24時間経験豊富な産科医が常駐しています。ベテラン助産師が多数いるため、専門知識をもってお母さんに寄り添い、安全で満足できる分娩を目指します。

 

安心の分娩設備

当院では陣痛から分娩、回復期までを一つのお部屋で過ごして頂けるLDR室と分娩室を完備しております。

 

常勤の麻酔科医が対応

通常緊急の際には常勤の麻酔科医による帝王切開など安全な手術が施行できます。また夜間、休日も即時対応できる体制が整っています。

 

新生児専門医による診察/NICU(新生児集中治療)との連携

新生児科医師による新生児診察を行っております。また東京女子医大東医療センター新生児科と連携し、必要時や緊急時の新生児搬送を速やかに行える体制が整っています。

 

産後のサポート

2週間検診(無料)と助産師による相談を行い、赤ちゃんとお母さんを産後もサポートします。

 

無痛分娩

無痛分娩とは

 お産の痛みは、子宮収縮による子宮の痛みと、腟や外陰部・肛門周囲が赤ちゃんの頭によって押し広げられるときの痛みに分かれます。

 この痛みを和らげるお産が無痛分娩で、以前は麻酔薬の筋肉注射や、麻酔ガスを吸ったりする全身麻酔のような方法が行われていましたが、現在は下半身のみの区域麻酔が中心です。腰に細い管(硬膜外カテーテル)を挿入し、そこから麻酔薬を注入し下半身の痛みをとる硬膜外麻酔やそれに素早く正確な効果のあるくも膜下麻酔を併用する方法があります。

 

当院では、硬膜外麻酔での分娩を行います。

 

 『無痛』というと完全に痛みが無くなるように思われるかもしれませんが、100%痛みを取り除く事は難しいです。同じように麻酔をしても、個人差や麻酔薬の量・カテーテルの状況などで効き方に差が出てしまう事があります。また骨盤が直接圧迫を受ける感じを痛みとしてとらえる方もおり、途中で痛くなったと感じる方もいます。

 一般的には、およそ3分の1の方が陣痛をほとんど感じなくなり、3分の1の方が痛みではなくとも違和感(お尻にズーンとくる)を感じ、残りの3分の1の方は痛みとして陣痛を感じます。

しかし、その痛みは我慢できないような痛みではなく、軽い痛み(通常の陣痛の10分の1くらいの痛み)として感じます。このような場合は、正確には『無痛』というより『和痛』というべきかもしれません。

 

 痛みの感じ方にも個人差がありすべての方が、同じように「痛くなかった」と感じることはないかもしれません。しかし強力な陣痛の痛みにより起こる不安や恐怖感によるストレスからの分娩停滞を軽減し、苦痛感を和らげ分娩進行がスムーズになることが期待されます。また血圧が高い、赤ちゃんが小さい、合併症をもっているなど母体ストレスが少ない分娩が良いと思われる方にも医療側から提示されることがあります。(保健適応にはなりません。)

 

当院における無痛分娩

 当院では開院以来、産科一次病院としてローリスク妊娠の分娩を取り扱ってきました。現在では年間1,000件の分娩を取り扱っており、2013年12月より無痛分娩を導入し、分娩のスタイルを選べる産院になっていけたらよいと考えています。現在では有名になった無痛分娩ですが、80%程度が無痛分娩となる海外に比べると日本の産科現場では20~30%と文化の違いもあり中々受け入れられないのは実際です。

 

 無痛分娩は「痛くない通常分娩」とは扱いが異なります。麻酔という医療行為が入る為パンフレットに記載してあるようなデメリットもあります。その為、通常分娩のように基本的にはご家族で付添って頂いて、「何かあったら呼んでください。」、「時々様子を見に来ますね。」というスタイルとは異なります。ご本人から痛みと言う主観的な訴えがない分、継続的なモニター管理となり、モニターを観察する人員が必要になります。その為、当院では計画無痛分娩を原則としており、夜間・休日での無痛分娩は対応しておりません。

 

無痛分娩の流れ

~十分な分娩監視の必要性があるため妊娠38~40週での計画出産となります。~

① 陣痛が起こる前に、患者様と相談し無痛分娩の日取りを決めます。

 (妊娠37週以降の健診時に決めていくことが多いです。)

 

② 予定の前日に入院して頂き、その日の午後に前処理を行います。

 (子宮口を広げる為のバルーン(ミニメトロ)やラミナリア挿入)

 この日、麻酔薬は使用しない為、普通にお過ごし頂きます。

 

③ 翌日の朝(無痛分娩当日)から、血圧計装着・点滴による補液管理をしながら、陣痛促進剤の投与開始。

 硬膜外麻酔のカテーテルをいれます。(以下に留置時の流れを示します。)

 痛みの具合や子宮口の所見により硬膜外麻酔を始めます。投薬後15分くらいしてから麻酔効果が表れます。

 その後持続的に麻酔薬が一定量自動的に注入されますが、不十分な場合は麻酔担当医師が分娩進行と麻酔効果を

 確認しながら麻酔薬を追加注入します。

 

④ 開始直後は血圧などを頻回にチェックさせて頂きます。

 硬膜外麻酔の影響で、足がしびれたり、力が入らないことが多い為、歩行せずベッド上で経過を見ます。

 また、排尿も自力で困難なこともあり、定期的に管で尿を採ります。

 消化管の動きにも影響がある為、食事は取らず点滴で管理します。

 

※ 経過中、気になることや症状の変化があったときは、遠慮なくお申し出ください。

 

⑤ さて、分娩です。麻酔効果が十分で痛みがない場合、いきむタイミングが分からない、

 上手くいきめないなどの状況もあると思いますが、医師・助産師がお手伝いします。

 硬膜外麻酔は分娩時のキズの縫合時の痛みにも有効です。ほとんど痛みを感じることなく傷の処置が出来ます。

 

⑥ 傷の処置が終わり、産後の出血や傷の状況に異常なければ硬膜外カテーテルは抜去します。

 

⑦ 麻酔薬の効果が無くなると、傷の痛みや後陣痛の痛みは感じますが、通常の痛み止めで対処します。

 

 

※硬膜外カテーテル留置手順

 

① 点滴を確保します。

② ベッドの上で横向きになり、膝を抱えるように丸くなります。

③ 背中の消毒をします。

④ カテーテルを留置する場所の皮膚に局所麻酔の注射をします。

⑤ カテーテルを通すための細い針を挿入します。

⑥ 針が適切な位置にあることを確認したらカテーテルをいれます。

⑦ カテーテルが入ったら、細い針は抜きます。

⑧ カテーテルの位置が正しいことを確認するために少量の麻酔薬を注入し安全を確認し終了です。

⑨ 背中にテープでカテーテルを貼り付け、首の横から注入口が出るようにします。

⑩ カテーテルの固定終了後、ベッド上でお好きな姿勢で過ごして頂きます。

 

無痛分娩診療体制

無痛分娩麻酔管理者:渡部 菜穂(麻酔科専門医 産科麻酔科学会所属)

無痛分娩担当者:星野 裕子(産婦人科専門医 周産期・母体胎児専門医 産科麻酔科学会所属

                               母体救命ベーシックコースインストラクター)

        小迫 優子(産婦人科専門医 産科麻酔科学会所属 産婦人科内視鏡認定専門医)

        芝田 恵(産婦人科専門医 周産期・母体胎児専門医 超音波専門医)

        星 真一(産婦人科専門医)

        田中 智子(産婦人科専門医 産婦人科内視鏡認定専門医)

        小松 由佳(産婦人科専門医 麻酔科標榜医)

        中村 祐介(産婦人科専門医)

        渡邉 昇一(産婦人科専門医)

        岡本 哲(産婦人科専門医)

分娩予約

妊娠23週6日までに、ご予約ください。

他院からの紹介・里帰り分娩希望の方は、23週6日までにご来院いただき、ご予約をお取りください。
当院へのお戻りは32週までにお願い致します。
※満床のときはご予約がお取りできなくなる可能性がございます。お早目のご連絡、ご予約をお願い致します。

診療予約

TEL

03-5850-0303

受付時間
月〜金午前
8:30 〜 11:30
 午後
1:30 〜 4:30
午前
8:30 〜 11:30
  • ※予約なしでも診察しておりますが、混雑状況によってお待たせしてしまうことがございますので、事前予約をお勧めしております。
問診票 初診の方は問診票をご記入の上、ご持参いただくと受付がスムーズです

産婦人科問診票のダウンロードはこちら

 

分娩費用

産科料金表

妊婦健診料
妊婦健康診査受診票をご利用いただけますが、地域により異なりますのでお問い合わせください。
入院料(基本5泊6日、正常分娩基本料金)
フロア 病室タイプ 料金 出産一時金(42万円)
ご利用の場合の自己負担額
3階 A個室(シャワー・トイレ付) 約61万円 約19万円
B個室(トイレ付) 約58万円 約16万円
4階 個室(トイレ付) 約55万円 約13万円
4床室(トイレ共用、家具調パーテーション) 約50万5千円 約8万5千円
  • *出産一時金(42万円)ご利用で、自己負担は約8万5千円~19万円となります。
  • *産科医療補償制度保険料(1万6千円)をはじめ、入院に必要な主だった日用品からエステまで含んだセット料金です。
  • *入院日数が5泊6日を超える場合、時間外/深夜/休日の分娩、吸引分娩や帝王切開分娩、分娩以外の治療に必要な処置・投薬・検査は、別途加算になります。
  • *無痛分娩の場合は追加10万円程度の加算となります。
3階A個室 3階B個室 4階個室 4階4床室 4階共用浴室 室内シャワー(A個室のみ)

 

詳しくは受付窓口までお尋ねください。

 

 

面会のご案内

面会時間 13:00~20:00

産科病棟では、院内感染予防と看護ケア向上のため、

以下のように面会を制限させていただいております。


(面会できる方)入院する方の・・・・
御主人
御両親
義理の御両親
御本人と御主人の兄弟姉妹
ご本人のお子様(※1)
祖父母

に限らせていただきます。
ただし、感冒症状などがある場合、面会は御遠慮ください。
また感染流行期は、マスクの着用の徹底をお願い致します。

(※1)入院時、問診票提出の御協力をお願いしております。
問診票は、妊婦健診時の保健指導の時に記入方法・注意点等を説明させていただきます。
面会の際は、他の患者様のご迷惑にならないよう病院内を走り回ったり大声を出さないようお願いいたします。
以上ご協力をお願い致します。
 

産科病棟見学のご案内

担当がご案内致します。予約制ですが、当日可能なこともございます。
気軽にお問い合わせください。
診察予約