当院について

基本理念

荒木記念東京リバーサイド病院の基本理念

最新の知識と技術に基づき安心・確実な医療を提供
することによって地域医療に貢献致します。

  • 1. 患者さんに信頼される病院を創ります。
  • 2. 母と子に優しい病院を創ります。
  • 3. 地域社会に貢献できる病院を創ります。
  • 4. 職員が誇りをもって働ける病院を創ります。

患者さんの権利と責務

荒木記念東京リバーサイド病院では、患者さんの意志と権利を尊重し
患者さんと職員との信頼関係に基づく安全かつ質の高い医療を提供するために、
患者さんの権利と責務をここに定めます。

【権 利】

  1. 患者さんは、公平かつ適正な医療を受ける権利があります。
  2. 患者さんの人格と権利は尊重されます。
  3. 個人情報は保護されます。
  4. 診療ならびに看護情報などについて十分に理解できるまで説明を受けることができます。
  5. 患者さんは医療従事者と対等の立場で、診療方針を検討できます。
  6. 診療方針の決定にあたっては、患者さんの意思が優先されます。
  7. ご自身の意志で診療を受けない選択をすることもできます。
  8. ご自身の診療録の開示を求めることができます。
    (重要な個人情報ですので、開示には所定の手続きをしていただきます。)
  9. セカンドオピニオン(主治医以外の医師の意見を聞くこと)や転医のため、他の医療機関への紹介状作成を求めることができます。

【責 務】

  1. 身体的、精神的状態やその変化を速やかにできるだけ正確にお伝えください。
  2. 診療を円滑に受けるため、医療従事者の指示に従ってください。
  3. 病院内では、病院の規則とモラルをお守りください。
  4. 病院においてすべての患者さんが快適な医療環境の維持にご協力ください。
  5. すべての患者さんは、ご自身への医療についてわからないことがあれば、理解するように努力してください。
  6. 診療費は、お支払いくださいます様よろしくお願いいたします。(診療費は、医療行為に対し算定されるものです。)

ビジョン

院長 齋藤 整

当院は平成21年5月に、"母と子に優しく、患者さんに信頼され、地域社会に貢献できる病院を"を基本理念に荒川区南千住汐入地区に開院しました。地域医療関係者、地域の住民の方々に支えて頂き今日に至ることが出来ました。心より感謝申し上げます。

開院当初は、産婦人科、リハビリ、一般医療を3つの柱として幅広く対応した診療を行ってきましたが、平成28年6月にリハビリ病棟をグループ病院である葛飾リハビリテーション病院に移転し、レディースフロアを開設しました。 そして、これを契機に荒木勤最高顧問主席プロデューサーのお名前をお借りして平成28年10月1日より病院名を東京リバーサイド病院から荒木記念東京リバーサイド病院に改名致しました。今後は"お産をするなら荒木記念東京リバーサイド病院"を目標に産科医療を、また、腹腔鏡下手術を中心に婦人科医療を更に充実させていく所存です。

現在日本は、高齢化が諸外国に見られないスピードで進行しており、可能な限り住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、地域の包括的な支援・サービス提供体制(地域包括ケアシステム)の構築が推進されています。そのためにも、訪問看護ステーションの併設、地域包括ケア病床を設置すると共に、地元医師会や医療関係団体との連携を更に密にし、高齢化社会にも十分に対応致します。
また、二次救急指定病院、東京都の災害拠点連携病院として、地域の救急医療、災害医療にも貢献して参ります。

これからも、職員一同、心が通った、そして安心、確実な質の高い医療を提供することによって、地域の皆様の健康、医療、福祉に対して更に貢献する所存です。今後ともご指導、ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。